PlayStation®4のブロードキャスト / シェアプレイのトラブルシューティング

PlayStation®4のブロードキャスト / シェアプレイのトラブルシューティング

PS4ブロードキャストとシェアプレイの問題の解決策をご紹介します。

ブロードキャストのトラブルシューティング

Twitchでは2段階認証が必要になりました。PS4からTwitchアカウントで配信するために2段階認証を有効化する必要があります。2段階認証が有効化されて設定されると、PS4からTwitchにログインしてストリーミングを開始できるようになります。

※詳細な手順については、各配信サービス提供元へご確認ください。

  • ホーム画面でシェアボタンを押している場合、配信したいゲームを起動してからシェアボタンを押してください。

  • ゲームソフトによっては配信できないシーンが設定されている場合があります。

  • 次のポート番号が有効になっているか確認してください。
    TCP:1935, 2805-2899, 6667

  • ポート番号の確認や設定方法は、お使いのネットワーク機器の取扱説明書や、インターネットサービスプロバイダの資料をご覧ください。

  • すべてのコメントをみるためには、SHAREボタンを押し、[ブロードキャスト設定] >[詳細設定] >[観戦者へのメッセージと観戦者のコメントを表示する]を選びます。 

  • お使いのシステムでコメント読み上げを有効にするには、[ブロードキャスト設定] >[詳細設定][コメント読み上げ][コメント読み上げを有効にする]のチェックを付けます。

  • クイックメニューから[ブロードキャスト][ブロードキャストを終了する]を選びます。

シェアプレイのトラブルシューティング

シェアプレイを最大限に楽しむには、ホストとビジターの両方が高速のインターネットに接続している必要があります。シェアプレイに接続できないときや接続が不安定なときは、次の情報を参考にしてください。

  • 目安として、上り下りとも最低2 Mbps以上の通信速度をおすすめします。
  • [設定] >[ネットワーク] >[インターネット接続を診断する]で通信速度の予測値を確認できます。
  • PS4は有線のインターネット接続をおすすめします。
  • 無線(Wi-Fi)で接続する場合は、PS4本体とアクセスポイントまたはルーターを近づけ、機器の間に通信を遮断するものがないことを確認してください。
  • お使いのネットワーク上で他に大量の通信を行っている機器がある場合は、その機器の通信が終わってからシェアプレイを始めてください。
  • PS4リモートプレイとブロードキャストは、シェアプレイ中はご利用になれません

  • ビジターは、シェアプレイ中にスクリーンショットやビデオクリップを保存することはできません。

  • シェアプレイできる時間は、1回のシェアプレイにつき最長1時間です。ビジターが参加してから1時間経過すると、自動的にシェアプレイが終了します。

  • シェアプレイの残り時間は、パーティーの画面で確認できます。パーティーの画面について詳しくは、「画面の見かた」をご覧ください。

  • シェアプレイ中は、ホストだけがトロフィーを獲得できます。

  • シェアプレイ中にホストがゲーム以外の画面を表示しているときは、ビジターには待ち受け画像が表示されます。

  • ホストとビジターが一緒にゲームをプレイする場合は、 [設定][ペアレンタルコントロール/ファミリー管理] >[PS4本体の制限][新しいユーザーの作成とゲストのログイン]の設定を[許可する] のチェックを付ける必要があります。

  • プレーヤーのアカウントやプレイするゲームによっては、シェアプレイができなかったり、一部のシーンがビジターに表示されない場合があります。

  • ホストがHDRを有効にしている場合、ビジターに表示される映像の色はホストの映像と異なる場合があります。

お困りですか? 

プレイステーション カスタマーサポートまでお問い合わせください。