PlayStation®4本体のPlayStation®Plusオンラインストレージ

PlayStation®4本体のPlayStation®Plusオンラインストレージ

PS Plusオンラインストレージを最大限に活用する方法をご説明します。

PS Plusオンラインストレージを使用すれば、ゲームのセーブデータをクラウドに保存することで、そのゲームがインストールされた他の本体で冒険の続きをプレイできます。

  • 最大で、PS4のセーブデータを100GB、PlayStation®5のセーブデータを100GB保存できます。PS4のセーブデータは、1000ファイルまで保存できます。

PS4の自動アップロードを有効にするには?

自動アップロードにより、いつも使うPS4のセーブデータがアカウントのオンラインストレージに自動的に追加されます:

  1. 本体に作成したユーザー*を選択し、[設定][省電力設定][スタンバイモード中の機能を設定する]に進み、[インターネットに接続したままにする]の横のチェックボックスにチェックを付けます。
  2. 次に、[設定]>[アプリケーションセーブデータ管理]>[自動アップロード]に進み、[自動アップロードを有効にする]の横のチェックボックスにチェックを付けます。

*アカウントで一時的に有効にされたPS4からは、セーブデータは自動アップロードされません。他人のPlayStation®でプレイする際は、必ずセーブデータを手動でアップロードしてください。

PS Plusオンラインストレージを管理する方法

PS4:オンラインストレージにアップロードする

自動アップロードが有効になっていない場合や、他人のPS4からセーブデータをアップロードしたい場合は、手動でアップロードを開始する必要があります:

  1. 本体に作成したローカルユーザーを選択し、[設定][アプリケーションセーブデータ管理][本体ストレージのセーブデータ][オンラインストレージにアップロードする]を選択します。
  2. ゲームを選択してからアップロードするファイルを選び、[はい]を選択してクラウドファイルを上書きします。
  1. 本体に作成したユーザーを選択し、 [設定][アプリケーションセーブデータ管理][オンラインストレージのセーブデータ][本体ストレージにダウンロードする]を選択します。
  2. ゲームを選択してからダウンロードするファイルを選び、[はい]を選択して本体ストレージのファイルを上書きします。
  1. 本体に作成したユーザーを選択し、[設定][アプリケーションセーブデータ管理][オンラインストレージのセーブデータ][削除]に進みます。
  2. ゲームを選択してから削除するファイルを選び、[はい]を選択します。

オンラインストレージはどんな時に使用できますか?

オンラインストレージを利用すれば、セーブしたゲームの続きを別のPlayStationでプレイできます。セーブデータは、最大100GBまで保存できます(PlayStation®3 / PlayStation®Vita / PlayStation®Vita TVは1GB)。

  • 他人のPlayStationで続きをプレイする

他人のPS4 / PS5でPSNにサインインしたときでも、自分のオンラインストレージに保存されている最新のセーブデータからプレイを再開できます。他人のPlayStationからはセーブデータが自動的にアップロードされないため、必ずセーブデータを手動でアップロードしてください。

  • アップグレード / 交換

新しいPlayStationを手に入れたら、PSNにサインインしてゲームのセーブデータをダウンロードしましょう。

  • クロスプレイ対応ゲーム

クロスプレイ対応ゲームは、2種類以上のPlayStationでダウンロードしてプレイできます。例えば、PS4とPS Vitaの両方に対応しているゲームの場合、自宅でプレイを開始してセーブデータをアップロードし、後からPS Vitaで再開できます。

  • PlayStation™Now

PS Nowに加入している場合、過去にPS4でプレイしたゲームを選ぶと、オンラインストレージに最後にセーブしたところからゲームを再開できます。

お困りですか? 

プレイステーション カスタマーサポートまでお問い合わせください。