バイオハザードの紹介

『バイオハザード』の25周年を祝して、サバイバルホラーシリーズを代表する印象深いゲームやキャラクターたちを見てみよう。

「バイオハザード」とは?

“サバイバルホラー”というゲームを聞いたことがあれば、それはきっと「バイオハザード」のことだろう。

遡ること1996年、カプコンはPlayStationプレイヤーに迷路のような屋敷を紹介。そこには、肉食のゾンビや窓を突き破るゾンビ犬、さらにバイオ・オーガニック・ウェポン(B.O.W.)を操る殺人集団が潜んでいた。

「バイオハザード」では、アクション・探検・リソース管理がうまくミックスされている一方で、プレイヤーを恐怖へと陥れる仕掛けが次々と現れ、その過程でまったく新しいジャンルのゲームが誕生した。

瞬く間に人気を博した本作はその後、数々の続編やスピンオフ作品も生み出しており、中には映画やアニメなどメディアミックス展開されたものもある。

シリーズはPlayStationでプレイ可能

「バイオハザード」をどこから始めるか、それはプレイヤーが何を求めるかにより決まってくる……。

 

バイオハザード HDリマスター

何百万人ものPlayStationプレイヤーと同じように、初めてサバイバルホラーを体験してみたいなら、全ての原点である第1作『バイオハザード』のリメイク版である本作をお勧めしたい。固定カメラ視点や限られたリソース、環境パズルなどはシリーズ初期の特徴だ。

バイオハザード RE:2

シリーズのルーツをしっかり守りつつ、現代的なビジュアルや驚異的なREエンジンの恩恵を受けたゲームを体験したいなら、『バイオハザード2』のリメイクがいいだろう。誰もが認める定番ゲームを見事に刷新している。

バイオハザード4

より迫力があり、アクションに焦点を当てたサバイバルホラーが好みなら、『バイオハザード4』がピッタリだ。シリーズ初となる大規模なシフトにより、敵の火力や知性も向上している。

バイオハザード ヴィレッジ

サバイバルホラーの新時代を体験したければ、『バイオハザード7 レジデントイービル』か『バイオハザード ヴィレッジ』に挑戦するといい。主人公イーサン・ウィンターズとして、一人称視点での恐怖を感じよう。

ラクーンシティを震撼させる秘密に深く関わりを持つ企業。

 

バイオハザード0 HDリマスター

S.T.A.R.S.ブラヴォーチームに何が起きたのか、そして「バイオハザード」シリーズのストーリーの発端となる“洋館事件”、その裏に隠された真実を暴け。

バイオハザード HDリマスター

S.T.A.R.S.アルファチームを率いるクリス・レッドフィールドは、ラクーンシティ郊外にある恐怖に満ちた洋館にて、行方不明になったブラヴォーチームの捜索に当たる。

バイオハザード RE:2

レオン・S・ケネディとクレア・レッドフィールドと共に、謎のウィルスが蔓延したラクーンシティで生き延びろ。

バイオハザード RE:3

執拗に追ってくるネメシスT型の魔の手をすり抜けながら、ラクーンシティで蔓延するウィルスの奇妙な起源を発見せよ。

バイオハザード CODE:Veronica 完全版

ラクーンシティ事件では語られなかったもう一つの悪夢が蘇る。ラクーンシティ消滅から3ヶ月後、クレアは行方不明の兄・クリスを探しに、僅かな手がかりを頼りにヨーロッパへ向かう。

「バイオハザード」の舞台は世界規模に展開。メインキャラクターたちは世界を股にかけB.O.W.と戦う。

 

バイオハザード4

レオンは、誘拐された大統領の娘をヨーロッパの小さな村で捜索するが、村人たちは恐ろしい姿に変貌していた。

バイオハザード5

“洋館事件”から10年後。事件を生き延びたクリスは、アフリカの未知の国でクリーチャーによる新たなる驚異に再び立ち向かう。

バイオハザード6

“ラクーンシティ事件”の真相が今、暴かれる。クリスとレオンが初共演。『バイオハザード6』では4つの物語が世界を舞台に複雑に絡み合う。

シリーズは没入型の一人称視点に移行し、恐怖感が更に高まる。

 

バイオハザード7 レジデントイービル

ルイジアナの湿地帯で行方不明の妻を捜すイーサン・ウィンターズ。狂気に満ちたベイカー一家の魔の手から脱出せよ。本作はPS VRでもプレイ可能。

バイオハザード ヴィレッジ

イーサンは静かな生活を取り戻していた。しかし彼の平穏は英雄クリスの手で破られ、ふたたび混沌へと投げ込まれる……。

派生したゲームにより「バイオハザード」の世界は新しい物語とシナリオと共に世界へと広がる。

 

バイオハザード リベレーションズ

4と5の間に起こった事件を描く本作。消息を絶ったクリスを捜索するジルがたどり着いたのは、船籍不明の豪華客船。罠とクリーチャーに満ちた船内へと導かれてゆくが、それはさらに巨大な陰謀の序曲に過ぎなかった……。

バイオハザード リベレーションズ2

5と6との間の物語。絶海の孤島を舞台として、クレア・レッドフィールドとバリー・バートンの視点で“脱出”と“救出”、2つのサバイバルが描かれる。

よくある質問

正しい答えはありません。シリーズが変質するということは、このゲームが「バイオハザード」だという“定義”はないということです。 また、初めての「バイオハザード」体験でプレイヤーが何を求めるかにより違ってきます。上記の「ここから始めよう」でお勧めをチェックしてみてください。

「バイオハザード」の魅力として恐怖の要素は非常に重要ですが、作品が成功し続ける理由は他にもあります。 

「バイオハザード」は、新しくなるたびに記憶に残る新しいキャラクターたちが登場します。人気キャラクターたちは驚くべき革新的な方法で再登場するほか、何十年にも渡りねじれ、曲がり、進化し続ける世界に深みを与えています。

「バイオハザード」の世界の全てを本当に知りたいのなら、もちろん全てのゲームをプレイしてもいいですが、それぞれのゲームの物語はつながっているので、個々のゲームでも物語の全てを把握できます。 

「バイオハザード」のゲームをいろいろプレイして物語を追うことはできますが、導入部でのあらすじの紹介や環境を考えたストーリーテリング、ゲーム内のメモや日記・説明として登場する昔の会話などでも十分に理解できます。

「バイオハザード」のゲームでは、不公平さを感じさせずに難しい課題が提示されます。サバイバルには武器のスキルや戦略的な使用方法が求められます。つまり、使わないタイミングも把握しておくということです。 

発砲に適さないタイミングはたくさんありますが、敵をくぐり抜け活路を見出す方法を学び始めれば、弾薬をしかるべきタイミングで使うために温存できるようになります。

ゾンビは、危険という点では氷山の一角にすぎません。「バイオハザード」には、死を招き不愉快な度合いが増していくクリーチャーを投入する嫌な傾向があります。例えば、爬虫類の皮に細長い手足のハンターや皮膚のない身体で脳が剥き出しのリッカーなどが登場します。 

また、人間の敵キャラクターもたくさん登場します。彼らはプレイヤーが遭遇するグロテスクなクリーチャーを仕掛けていることが多く、だいたいその裏に自身のおぞましい秘密を抱えています。

関連商品

関連商品

カプコンのオフィシャルショップでは「バイオハザード」シリーズ関連商品も販売中。グッズをゲットして最高の25周年にしよう!

©CAPCOM CO., LTD. ALL RIGHTS RESERVED.