何千回でも遊べるPS5とPS4のローグライクゲームガイド

ようこそローグライクの世界へ。
トライ・アンド・エラーを繰り返しながらプレイヤー自身が成長していくスタイルが特徴の、名作ゲームの数々をご紹介します。

何千回でも遊べるPS5とPS4のローグライクゲームガイド

ようこそローグライクの世界へ。
トライ・アンド・エラーを繰り返しながらプレイヤー自身が成長していくスタイルが特徴の、名作ゲームの数々をご紹介します。

Enter the Gungeon (エンター・ザ・ガンジョン) | Dodge Roll

『Enter The Gungeon』は独特なスタイルを持っており厳しいガンアクション、型破りなユーモア、弾幕地獄など予測できないミックスで、ローグライクの金字塔を打ちたてた。その名のとおり最も銃だらけのゲームだ。

チョコボの不思議なダンジョン エブリバディ! | スクウェア・エニックス

不思議なダンジョンのルールは“チョコボが動くと世界も動く”。チョコボが歩いたり、蹴ったり、アイテムを使うたびに世界も1歩づつ動くんだ。モンスターに囲まれても慌てないで! 一歩ずつ確実に攻略していこう。

Returnal | Housemarque

弾幕シューターの名作を数多く制作してきたHousemarqueが、ローグライクとTPS(三人称視点シューター)を融合させ、コズミックホラーをテーマにした新感覚ゲームを生み出した。遭難した宇宙飛行士セレーネは、死ぬたびに環境が変化する謎の惑星からの脱出を図る。死を繰り返し、迫り来る危険に立ち向かえ。

ローグライクとは?

ローグライクとは、あらかじめ決められたマップを持たず、プレイするごとにゲームのアルゴリズムによってマップが自動生成されるタイトルです。
プレイするたびにマップのレイアウトやステージ構成、敵や武器の配置、アップグレードする方法などが変化し、毎回違ったプレイ体験ができるので、何百回、何千回と遊び続けることができます。

Curse of the Dead Gods | Focus Home Interactive

呪われた、うつろう形の寺院にて富と永遠の命が待つ。この圧倒的なダンジョン探索型ゲームは、アクションとライトRPG要素が合わさったものだ。

The Persistence | Firesprite

PS VR向けのローグライトSFホラーゲーム。プレイヤーは突然変異して凶悪になったかつてのクルーによって乗っ取られた宇宙船の唯一の生存者によって創造された再生産可能なクローンだ。恐怖のステルスを体験せよ。

Slay the Spire | Mega Crit Games

コレクション可能なカードゲームのデッキ構築要素とローグライク要素の組み合わせは勝利への方程式だった。高速かつ戦術的にデッキを強化しモンスターを倒しながら塔の頂を目指せ!

DEATHLOOP | Arkane Lyon

暗殺者コルトは、終わりのないサイクルに囚われた。8人のターゲットを殺すことでのみ、ループから抜け出せる。コルトにとって不幸なことに、敵の暗殺者が彼を視界に捉えている。ソロとマルチプレイヤーアクションをシームレスにブレンドしたスタイリッシュな作品。

ローグライクの発祥は?

このジャンル名は1980年にリリースされたダンジョン探索型ゲーム『ローグ』にちなんで名付けられました。プレイするごとにまったく新しいダンジョンが丸ごと生成され、プレイヤーはどんな危険が待ち受けているか予想もできない、スリル満点のプレイを楽しむことができます。これを通じて『ローグ』は「パーマデス(ゲームオーバーですべてを失う)」という不朽のコンセプトも生み出しました。

Risk of Rain 2 | Hopoo Games

『Risk of Rain』の野心的な続編では、クラシックローグライクファンに期待された独特な要素を2Dから3Dにすべて移植された。さまざまな敵、クレイジーなパワーアップ要素、決して止まらない危険なミッションに備えよう。

アトミクロップス | Bird Bath Games 

『スターデューバレー』と『Enter The Gungeon』を賭けあわせでうまれたような『アトミクロップス』はポストアポカリプスの農業シミュレーターに感じたと思えばハチャメチャな2Dシューターへと姿を変える。この見事なミックスを体験しないのはもったいない!

Dead Cells | Motion Twin

良いニュースは、君は不死身だということ。悪いニュースは、君は不死身の緑色の光で、脆弱で頭のない体しか持っていないこと。この厳しくて過酷な2Dアクションローグライトは、豊富な武器、敵、そして解明を待つ秘密が持ち味だ。

「ローグライク」と「ローグライト」の違いは?

これについては多くの意見があります。
初代『ローグ』が持つターンベースのダンジョン探索型RPGのシステムを踏襲したゲームこそ「ローグライク」であるという意見や、自動生成のシステム要素があるゲームをすべて「ローグライク」とし、アップグレードしたステータスや手に入れた武器やアビリティなどゲーム進行の要素が残るものを「ローグライト」とすべきという意見があります。
そのため、「ローグライク」はゲームプレイの過程を楽しむことが最大の目的で、「ローグライト」は最終的なゲームクリアを目指すことが最大の目的である、と定義することもできます。

ムーンライター 店主と勇者の冒険 | Digital Sun

『ムーンライター 店主と勇者の冒険』のように古風で希望に満ちたローグライクはほとんどないだろう。あるときは店舗経営シミュレーター、またあるときはトップダウンの探索型ダンジョン。
Digital Sunがおくる独特なこのタイトルは、美しいビジュアルとなめらかな戦闘が見事にフュージョンされ、病みつきになるほどのループを体験することになるだろう。

多くのプレイステーションユーザーを「ローグライク」の世界へといざなったクラシックタイトルをご紹介します。

The Binding of Isaac: Rebirth アイザックの伝説:リバース

ローグライク真の金字塔、そのリメイク作品。不穏で不快な地下の世界に少年が訪れたことで、あなたにとって忘れられないアクションRPGシューターが始まる。

Darkest Dungeon

ダンジョン探索は冒険者の精神にどんな影響を及ぼすのだろうか?心理へのどんでん返しをもたらすこのターンベースRPGで確かめてみよう。

ローグ・レガシー

この「世代交代的ローグライト」ではプレイヤーが力つきても、その子孫たちで継続してプレイしていく。子孫たちはプレイに影響を与えるユニークな特性をランダムで付与される。

※紹介しているゲーム映像および内容は日本以外の情報も含まれております。日本では発売時期が変更されたり発売されないゲームもありますのでご了承ください。