パッケージを飾る大谷翔平選手は、いかにして野球と「MLB The Show」を劇的に変えたか――

2017年、日本の若き二刀流プレイヤーがメジャーリーグに挑戦するという噂が流れ始めた時、それに対する意見は懐疑的なものが多数でした。これまで投手と野手のどちらにおいてもハイレベルなプレイを両立させた選手といえば、ベーブ・ルースを最後に登場していなかったといっても過言ではありません。この偉業を達成する選手が21世紀になって出現するとは、誰も予想していませんでした。

そして2022年。アメリカンリーグのMVPの座に輝いた大谷翔平選手は野球界の顔となり、さらに『MLB The Show 22』(英語版)のパッケージを飾るスターともなりました。まさに数十年に一人の逸材にふさわしい選手らしい栄誉といえるでしょう。そして大谷選手はスポーツだけでなく、野球ゲームをも劇的に変えてしまったのです。

大谷選手がパッケージに選ばれた理由

通常、「MLB The Show」ではシーズンごとにパッケージに登用する選手を2~3名の候補の中から選び出します。しかし今回は、2021年の野球界で抜群の活躍ぶりを見せた大谷選手をパッケージに採用することが即座に決まりました。

「素晴らしい偉業を成し遂げた大谷選手以外には考えられませんでした。」と、ラモーン・ラッセル(San Diego Studio、製品開発コミュニケーション・ブランドストラテジスト)は言います。

27歳の大谷翔平選手は46本のホームランを打ち、マウンドのエースとして23試合で先発防御率3.18を記録しました。打球と投球のテクニックが高度に専門化された現代の野球において、誰も想像すらできなかったような偉業です。

ラッセルは続けます。「大谷選手は、試合に出場するたびに、真のエース投手であり真の強打者であることを証明するような、華々しい結果を出し続けました。彼の活躍したシーズンが野球史上最高のものであることに、異論の余地はないでしょう。」

大谷翔平選手のプロフィール

生年月日:1994年7月5日
出生地:日本、岩手県 奥州市
所属チーム:ロサンゼルス・エンゼルス
MLBデビュー日:2018年3月29日
打席:左打ち
投球:右投げ

2021年の主なデータ

46
ホームラン数
26
盗塁数
3.18
防御率

「以前まで、「MLB The Show」シリーズには“二刀流の選手”という概念自体がありませんでした。投げるか、打つかのどちらかです。ですから、大谷選手が渡米してエンゼルスと契約したことで、新たに大量のプログラムを書く必要が生じたんです。問題なく動作するようになるまでに2~3年かかりましたね」

- ラモーン・ラッセル(San Diego Studio、製品開発コミュニケーション・ブランドストラテジスト)

「MLB The Show」への大谷選手の実装過程

大谷翔平選手は野球だけでなく、野球ゲームをも永遠に変えてしまったといっても過言ではありません。

二刀流の大谷選手がスーパースターの座へと駆け上がる以前、「MLB The Show」で作成可能な選手はバッターかピッチャーのどちらかであり、その両方を兼任させることはできませんでした。2018年、「MLB The Show」に大谷選手が初登場したときもそうでした。本作は攻守両方を制する選手には対応していなかったのです。

ラッセルによれば、「以前まで、「MLB The Show」シリーズには“二刀流の選手”という概念自体がありませんでした。投げるか、打つかのどちらかです。ですから、大谷選手が渡米してエンゼルスと契約したことで、新たに大量のプログラムを書く必要が生じたんです。問題なく動作するようになるまでに2~3年かかりましたね」との事。

本作のプログラマーチームの数年間にわたる努力のおかげで、『MLB The Show 22』(英語版)での大谷選手は、現実のロサンゼルス・エンゼルスでの活躍ぶりと同様に、マウンドのエースと強打者の両方として活躍させられるようになったのです。

唯一の野球選手には唯一のパッケージを

『MLB The Show 22』(英語版)のMVPエディションとデジタルデラックスエディションのパッケージアートは、スポーツゲームとしては他に類を見ない個性的なものとなっています。この特別版のパッケージでは、黄色と赤の炎に包まれた大谷選手の姿が日本の漫画風に描かれているのです。燃えるバットを持ちながら炎に包まれたボールを投げる姿は、二刀流の威力を表していることが一目でわかります。

大谷選手は、高校時代から熱心な漫画ファンだったそうです。

ラッセルが語ります。「高校時代の大谷選手に影響を与え、野球への情熱を加速させたのは漫画だったそうです。大谷選手は漫画のおかげで、二刀流プレイヤーへの道を追求し、メジャーリーグ出場を果たしたのです。」

大谷選手が漫画好きであることを知ったSan Diego Studioは、世界的に活躍する日本人イラストレーターの岡崎能士氏にパッケージアートを依頼しました。

「岡崎さんが大谷選手の大ファンだったことも、カバーを依頼する決め手となりました。このプロジェクトに携われることを知った岡崎さんは、とても喜んでいましたよ。」とラッセル。「岡崎さんとは5~6ヶ月を費やして様々なバージョンを制作し、最終的に見事なパッケージアートが完成しました。」

パッケージの大谷選手は、大きく開いたロサンゼルス・エンゼルス柄の着物をまとい、王道のスーパーヒーロー風のポーズをとって、ユニフォームの胸に記されたエンゼルスのロゴを誇らしげに示しています。

「大谷翔平選手を超人のように見せたかったんです。だって大谷選手は本当に超人ですからね。」とラッセル。「彼の野球での活躍ぶりはまさしくスーパーです。こんな選手は今まで誰も見たことがありません。」

『MLB The Show 22』をPS Storeで購入する

エディション

スタンダードエディション

PS4
  • MLB® The Show™ 22 PS4用通常版
  • 購入特典:5,000 Stubs™

スタンダードエディション

PS4PS5
  • MLB® The Show™ 22 PS5™用およびPS4™用通常版
  • The Showパック ×5(アップグレードは除く)
  • 購入特典:10,000 Stubs™(アップグレードは除く)

MVP Edition

PS4PS5
  • MLB® The Show™ 22 PS4用、PS5用
  • 購入特典:10,000 Stubs™
  • 予約特典:4日間の早期アクセス
  • ダイヤモンドチョイスパック ×1
  • ゴールドチョイスパック ×2
  • The Showパック ×10
  • ボールプレイヤー用具パック ×1
  • デイリーログイン報酬2倍

Digital Deluxe Edition

PS4PS5
  • MLB® The Show™ 22 PS4用、PS5用
  • 購入特典:25,000 Stubs™
  • 予約特典:4日間の早期アクセス
  • ダイヤモンドチョイスパック ×2
  • ゴールドチョイスパック ×5
  • The Showパック ×20
  • ボールプレイヤー用具パック ×1
  • デイリーログイン報酬2倍

大注目のスポーツゲーム特集

PS5やPS4で熱中できるおすすめのタイトルをご紹介します。

プラットフォーム:
PS4, PS5
発売日:
2022/4/5
メーカー:
SONY INTERACTIVE ENTERTAINMENT
ジャンル:
スポーツ
音声:
英語
スクリーン言語:
英語
このゲームをPS5でプレイするには、システムソフトウェアを最新バージョンにアップデートしてください。このゲームはPS5でプレイできますが、PS4で利用できる機能の一部はPS5では利用できない場合があります。詳細については PlayStation.com/bc を参照してください。

このコンテンツは、アカウントに登録されている主なPS5(「コンテンツ共有とオフラインプレイ」設定)ではいつでも、その他のPS5の場合には同アカウントでログインした後に、ダウンロードしてプレイすることができます。

健康のためのご注意については次のURLをご参照ください:https://www.playstation.com/ja-jp/legal/health-warning/
*ダイナミック4KとHDRにはそれぞれ4KとHDR対応のテレビかディスプレイが必要です。
**3D オーディオには対応するヘッドフォンが必要です ※本作は、字幕やメニューなどが日本語化されていない英語版のみの発売となります。

ゲーム内通貨 Stubs™ の購入は行えません。

©2022 Sony Interactive Entertainment LLC. Stubs is a trademark of Sony Interactive Entertainment LLC. MLB and MiLB trademarks and copyrights are used with permission of Major League Baseball. Visit MLB.com and MiLB.com. Officially Licensed Product of MLB Players, Inc. MLBPA trademarks, copyrighted works and other intellectual property rights are owned and/or held by MLBPA and may not be used without the written consent of MLBPA or MLB Players, Inc. The Baseball Hall of Fame and Museum trademarks and copyrights are used with permission of the National Baseball Hall of Fame and Museum, Inc., as applicable. Visit the official website of the Hall of Fame at BaseballHall.org.
SONY INTERACTIVE ENTERTAINMENT Privacy Policy & EULA