PlayStation®Vitaの電源が入らない / 起動しない問題を解決する方法

PS Vitaの電源が入らない / 起動しない問題を解決する方法をご説明します。

充電の確認

USBケーブル / ACアダプター / 電源ケーブルが要因で充電できてない可能性があります。
問題の切り分けのため、次の内容をご確認ください。

マルチタップをご利用の場合、壁の電源コンセントに直接挿すなどして充電できるかご確認ください。

USBケーブル / ACアダプター / 電源ケーブルは取り外しができます。
別のUSBケーブルをお持ちであればUSBケーブルを変更することで充電できるかご確認ください。

PCH-1000シリーズをご利用の方はUSBケーブルのタイプがPCH-2000シリーズと異なります。
挿し方によっては充電できません。
PlayStation Family Markが見えるようにUSBケーブルを挿しているかもご確認ください。

PS VitaはUSBケーブルを経由してパソコンなどのUSB機器側から給電することができます。
パソコンなどのUSB機器とPS VitaをUSBケーブルで接続して充電ができるか確認してください。
充電ができる場合は、ACアダプターか電源ケーブルに問題がある可能性が考えられます。

  • [設定]>[システム]>[USB給電]のチェックをはずしていると、USB経由の充電は利用できません。
  • USBケーブル / ACアダプター / 電源ケーブルは PlayStation®部品販売サービスより販売しております。

フリーズしているかどうかを確認する

充電せずに各機器のランプの状態を確認してください。
電源ランプが消灯した状態であれば、電源ボタンを5秒長押してください。

電源ランプが点灯 / 点滅しているときは、本体がフリーズしている可能性が考えられます。
電源ボタンを30秒長押して、本体を強制的にシャットダウンしてください。
電源ランプが消灯したことを確認いただいたら、電源ボタンを押して正常に起動するかお試しください。

起動したときにセーフモード(必要最低限の機能で起動するモード)が起動することがあります。
セーフモードが起動したときは、セーフモードを実行するをご確認ください。

 

PSボタンが光ります。

電源ランプは左側です。

PSボタンは点滅しません。

セーフモードを実行する

正常に起動できないときには、セーフモードを起動 / 実行することで改善がみられる可能性があります。
セーフモードとは、必要最低限の機能で起動し、問題を解決するためのモードです。PS Vitaのシステムに問題が発生した場合に、セーフモードで起動することもあります。

  1. 電源ボタンとPSボタンとRボタンを一緒に押し、約5秒ほどお待ちください。
  2. 画面に(PlayStation Family Mark)が表示されたらボタンから指を離してください。
    セーフモードが起動しないときは、充電の確認をご確認ください。

セーフモードのメニューは以下の5項目です。

お手元でメニュー項目 1、2、4の順番でお試しください。
一時的な症状や、保存データが要因の場合に改善がみられる可能性があります。

  1. PS Vitaを再起動する
    セーフモードを終了し、通常モードで起動します。
  2. データベースを再構築する
    破損したデータベースを修復し、再構築します。
  3. メモリーカードをフォーマットする
    本体にセットしたPS Vita専用のメモリーカードや、本体の内蔵メモリーカードをフォーマット(初期化)します。
    フォーマットすると、メモリーカード内のデータがすべて削除されます。
  4. PS Vitaを初期化する
    本体のシステムソフトウェアの設定を初期値に戻し、本体メモリーのすべてのデータを削除します。
    PS Vita / PlayStation®Vita TVの本体メモリーに記録されている設定や情報がすべて初期値に戻ります。
  5. システムソフトウェアをアップデートする
    PS3 / パソコン / PS Vitaカードの方法からアップデートが行えます。アップデートについては、 PS Vita / PS Vita TVシステムソフトウェア アップデートをご確認ください。
  • PS Vita TVでは、PS3 / パソコン経由のアップデートは利用できません。
 

上記をお試しいただいても改善しない場合、オンライン修理受付サービスよりアフターサービスをお申し込みください。

お困りですか? 

プレイステーション カスタマーサポートまでお問い合わせください。