2020年8月7日

「マクロス」「アクエリオン」シリーズの河森正治氏が放つ異世界冒険譚『劇場版 誰ガ為のアルケミスト』 独占先行配信スタート!

PlayStation 4でSFロボットゲーム/アニメを嗜むユーザーであれば知らぬ者はいないであろう河森正治氏(代表作:「マクロス」「アクエリオン」シリーズ)が総監督を務める劇場版アニメ『劇場版 誰ガ為のアルケミスト』が8月12日(水)よりPlayStation Videoにて独占先行配信を開始!
略称『タガタメ』と呼ばれる本作は元々、ファンタジー系タクティカルRPGのスマホゲームが原作となっているのだが、昨今のアニメ業界動向では原作準拠なTVアニメ→劇場版アニメが定石と思える中、いきなり劇場版アニメ、しかも約2時間の見応えたっぷりな長編を仕掛けてくる……それ故に、予備知識の観点からも誰もがこう思うだろう。

 

これは…原作ファンに限定されるアニメなのでは?

 

それは否…

まったく否であるっ!!!!!

 

 
本作は「召喚」「錬金術」「バベルの塔」といったゲーマーならば一度は聞いた事のある、且つ原作の主要キーワードは漏れなく踏襲されているのだが……先の小芝居で筆者の心の声を代弁してくれた、ゲームの世界観的にも絶対登場しないジョブ(正確には幻影兵)「女子高生」がオリジナルキャラクターの異世界転生した主人公カスミとして登場する。更には河森氏の代名詞とも言える歌と変形要素も加えて、ほぼオリジナルな完全新作に仕上がっているのだ!
河森氏曰く「原作ゲームをプレイしている方と初めてタガタメに触れる方の間の情報量を考えた」とのことで、異世界転生/ロボット/ファンタジー、そして制作陣が研究に研究を重ねた現代のリアル女子高生像の要素によって手厚く補完され、誰もが楽しめるファンタジー系アニメーションに昇華した。もちろん一部の原作キャラクターも登場するのでファンも大いに楽しめてニッコリイイトコ獲りである。
特に、こうした「登場人物同士の繋がり」にも重きを置くのは、どんな世界の人たちとも心を通わせたいと願う氏らしい演出だろう。また注目のアクションシーンも「マクロス」「アクエリオン」シリーズを手掛ける氏ならではの「発射&追尾&爆風」で、安定のド派手さ◎。
舞台となるバベル大陸に、いきなり幻影兵として召喚された主人公カスミは、自分に自信の持てない女子高生。原作ゲーム内で召喚したのならきっと★1無属性。そんな彼女が仲間たちと繋がり、成長し、荒廃しきったバベル大陸を魔の手から救おうと奮起する物語。待ち受けるのは光か、闇か、それとも……

■ストーリー

 

普通の女子高生・カスミに秘められた“本当の強さ”とは

自分に自信の持てない女子高生カスミは、ある日、不思議な声に導かれて異世界バベル大陸へと召喚される。そこは、伝説の存在・暗黒竜デストルークにより、錬金術も魔法も封じられ、“闇の魔人”が跋扈する世界だった。カスミは、彼女を召喚した魔法使いのリズ、ガンナーのエドガーと出会い行動を共にする。“闇の魔人”の魔の手は瞬く間に拡がり、絶望を目前にしたカスミの脳裏に、意外なビジョンがふと浮かび上がる。それは、カスミの中に眠る彼女の“本当の強さ”が目覚めようとしている兆しだった——

「お願い、届いて、私の中に力があるなら…」

■配信情報


<配信開始日>
2020年8月12日(水)より独占先行配信

<配信内容>

タイトル 配信形式 配信価格(税込)
劇場版 誰ガ為のアルケミスト レンタル版 レンタル版:550円

 

<対応機器>
PS4、ならびにAndroid™/iOSスマートフォン、タブレットのモバイル機器

 

主題歌/エンディングソングも好評配信中

 

石崎ひゅーい氏が歌う、本作のための描き下ろし主題歌「Namida」とエンディングソング「あの夏の日の魔法」がSpotify available on PlayStation Musicにて好評配信中なので、本作と併せて是非楽しんでほしい。

主題歌「Namida」/エンディングソング「あの夏の日の魔法」

https://open.spotify.com/album/5lDYMingB9wb29gGvnjMhD

引き続き、PS Videoを宜しくお願い致します。
©2019 FgG・gumi / Shoji Kawamori, Satelight